SDCS

SDガンダム クロスシルエット ザクⅡを画像で解説【ガンプラ レビュー】

SDCSザクII アイキャッチ画像

SDガンダム クロスシルエット ザクⅡ

量産型ザクⅡは「機動戦士ガンダム」第1話から登場している量産機ですが、作品が40周年を迎えた現在でも主役機を食ってしまいそうな程の超人気ぶりを誇っているMS(モビルスーツ)です!
SDCSザクII
SDCSザクII
そして、SDガンダムの新シリーズとして立ち上げられたクロスシルエットでも、この量産機ザクⅡが発売されました。

このキットの発売日と価格

発売日:2018年7月21日
価格:800円(税込)
対象年齢:8歳以上

このキットの本体レビュー

前方

SDCSザクII 前方
SDCSザクII 前方

後方

SDCSザクII 後方
SDCSザクII 後方
SDサイズでありながら、可愛らしさの中にも無骨なカッコ良さを感じさせてくれるディテールです。

このキット本体の可動域

SDサイズの宿命もあって、付属のSDフレームで組んだ場合は両膝は動かせません。
SDCSザクII 可動域
SDCSザクII 可動域
しかし、両肩はしっかりと回せる上に両肘も曲げられるのでザクマシンガンやザクバズーカを持たせて決めポーズを取ることは可能です。
SDCSザクII 可動域
SDCSザクII 可動域
両膝も曲げて動かしたい人には、別売りのクロスシルエットフレーム(グレー)も一緒に購入して、こちらを組み込んで作る必要があります。
キットを2個買いしてSDフレームで組んだ場合と別売りのクロスシルエットフレーム(グレー)で組んだ場合を見比べてみると、同じSDサイズてでも全長や頭身の違いに気づくと思います。
初めてこのシリーズを作る場合は両方のフレームで作って動かしながら、それぞれの違いを堪能していただきたいものですね。
SDCSザクII モノアイ可動
SDCSザクII モノアイ可動
個人的にSDサイズになったことによるメリットとして大きく取り上げたいのが、モノアイ可動が凄くやり易くなった点でしょうか。
HGUCなどのリアル系ガンプラでは頭部のカバー等を外す手間がありますが、こちらのシリーズでは頭部の後方に取り付けたレバーを左右に動かすだけで簡単にモノアイ可動を行えてしまうのです!

武装一覧

【武装その1】ヒートホーク

SDCSザクII ヒートホーク
SDCSザクII ヒートホーク
SDCSザクII ヒートホーク
SDCSザクII ヒートホーク
リアル系ガンプラと比べると簡易的な造形見えてしまいますが、刃の部分にはイエローのクリアパーツが用いられています。

【武装その2】ザクマシンガン

複数のパーツを組んで作ります。
SDCSザクII ザクマシンガン
SDCSザクII ザクマシンガン
照準レンズの部分にはホイルシールを貼って補う形となります。
SDCSザクII ザクマシンガン
SDCSザクII ザクマシンガン

【武装その3】ザクバズーカ

リアル系ガンプラのもの以上に丸みを帯びているため、少し可愛く見えてしまいます。
SDCSザクII ザクバズーカ
SDCSザクII ザクバズーカ
こちらもザクマシンガンと同様に照準レンズ部分にはホイルシールを貼ります。
SDCSザクII バズーカ取り付け
SDCSザクII バズーカ取り付け
こちらもリアル系ガンプラと同じように、持たせない時には後方スカート部分に取り付けておくことが可能です!

【武装その4】ミサイルポッド

両足に取り付けるためのミサイルポッドは2個入っています。
SDCSザクII ミサイルポッド
SDCSザクII ミサイルポッド
HGUCと同じように一色パーツですが、SDサイズならこのまま取り付けても違和感がないように思えます。

このキットの詳細を解説

このキットの作りやすさ

外装も内部フレームもパーツ数は多くなく、ガンプラ作りに慣れている人なら1〜2時間で組み上げられると思います。
本体だけは素組みだけでも劇中のザクⅡに仕上げられます!
しかし武装の方は黒1色のみで成型されています。

説明書

説明書には付属しているSDフレームでの作り方だけでなく、別売りのクロスシルエットフレーム(グレー)も使った組み立て方も掲載されております!

デカール

HGUCと同じように付属シールは少なく、モノアイやザクバズーカの照準レンズ部分に貼りつけるだけのもので構成されております。

このキットの色分け

外装部分となるグリーン、内部フレームはグレー色で分けられております。
SDCSザクII 色分け
SDCSザクII 色分け

SDガンダムクロスシルエットザクⅡのまとめ

私もSDガンプラに関しては長い期間離れていましたが、内部フレーム選択の導入はこれまでのBB戦士などとは一味違った楽しさを体験させてくれました!
今後も色々なMSが新発売されていくため、リアル系ガンプラとは一味違う雰囲気のジオラマを作れそうですね!
先にも挙げましたが、リアル寄りの頭身に変えたい人や可動域を広げたい人にとっては、この別売フレームも必須アイテムとなります。
この量産機ザクⅡを完成させたのであれば、同シリーズのガンダムも是非とも入手したいものです。
SDサイズのガンダムとザクを揃えれば、大人気ゲームのGジェネシリーズの戦闘を立体物で再現できそうですね!
SDCSザクII キット全体
SDCSザクII キット全体
武装が多いので作り終わった後も満足感も高いキットです。
価格もお手頃で手に入れやすいのでオススメのガンプラです。
最後までお読みいただきありがとうございました。 他のガンプラの記事もぜひ読んでいってください!